2014年09月09日

錦織の残した功績

Marin Cilic (CRO) def. Kei Nishikori (JPN) 63 63 63

日本のテニスファンが望んでたこと。でも、多分見ることはないかもしれない。と思っていた、日本人がグランドスラムのシングルスの決勝を戦うということ。それを実現させてくれた錦織でしたけど、決勝ではほぼ隙のなかったチリッチにストレートで負けて、優勝はなりませんでした。

でも、アジアの男子選手がグランドスラムでベスト8に入るってだけでも、すごいと言われてる現状で、自身が破れなかったベスト8の壁を破り、SFで世界1位を倒したということだけで、本当満足というか、これからがさらに楽しみだし、日本のテニス人気がどんどん出てくると思うと、嬉しいし、錦織が今大会で残した功績って物凄い大きいんだなと思います。

ランキングは自己最高の8位となり、アジア男子としても歴代最高位となるようです。現行のランキング制度でアジア人として初めてトップ10に入ったパラドン・スリチャパンがいましたけど、よく考えてみれば、彼ってグランドスラムでは結局ベスト8には一度も入れなかったんですよね。彼も素晴らしい選手でしたけど、アジア選手において、過去最高の選手は錦織ってことになるんだろうな〜。

日本人男子だけにフィーチャーして考えてみると、松岡修造が引退してから、10年以上暗黒時代がありまして、ランキングでもトップ200に入る選手が一人いればマシな状況がほどんどで、日本の女子選手がグランドスラムで10人近く出場するって時期もあったほどだったので、女子ばかりに注目が集まり、男子なんて全く注目されてなかったわけです。

グランドスラムも本選に出場するということが、言ってしまえば奇跡でしたし、グランドスラムはおろか、それ以下のレベルの大会でも予選を突破できれば上出来という時代もあったほど。だから、日本男子テニスって全く注目もされなかったですし、期待もされなかった。テニスファンでもどんな選手がいるのかわからないって状況もあったように思えます。松岡さんがインパクトでかかったですからね。余計にそういう状況になったのかも。

そういう時代が続いていたからこそ、この錦織の活躍って、本当衝撃的で、10年前の日本男子テニスの状況を知ってる人にとれば、信じられないことが起きたって感じですよ。ツアーで優勝した時、トップ100に初めて入った時、マスターズでベスト4入りなど、日本男子では夢のような出来事を次々とやってのけ、彼ならやってくれるんじゃないか?といつも期待させてくれます。グランドスラムタイトルを獲得するチャンスなんて、まだたくさんあります。今後に大いに期待したいと思います。

よければランキングをクリックして下さい。

posted by ブッチ at 16:23 | Comment(0) | グランドスラム

2010年06月30日

ランキング更新(女子/Wimbledon 4R終了後)

続いて、女子いきます。波乱続出で、ランキングも凄いことになってるかな?

01. Serena Williams (USA) 次項有
02. Jelena Jankovic (SRB) グッド(上向き矢印)1
03. Caroline Wozniacki (DEN) グッド(上向き矢印)1
04. Venus Williams (USA) バッド(下向き矢印)2
05. Samantha Stosur (AUS) グッド(上向き矢印)1
06. Elena Dementieva (RUS) バッド(下向き矢印)1
07. Kim Clijsters (BEL) グッド(上向き矢印)1
08. Francesca Schiavone (ITA) バッド(下向き矢印)1
09. Na Li (CHN) グッド(上向き矢印)3
10. Agnieszka Radwanska (POL) バッド(下向き矢印)1
11. Vera Zvonareva (RUS) グッド(上向き矢印)10
12. Flavia Pennetta (ITA) バッド(下向き矢印)2
13. Justine Henin (BEL) グッド(上向き矢印)3
14. Marion Bartoli (FRA) バッド(下向き矢印)1
15. Maria Sharapova (RUS) グッド(上向き矢印)2
16. Shahar Peer (ISR) バッド(下向き矢印)1
17. Yanina Wickmayer (BEL) グッド(上向き矢印)1
18. Victoria Azarenka (BLR) バッド(下向き矢印)7
19. Nadia Petrova (RUS) バッド(下向き矢印)5
20. Svetlana Kuznetsova (RUS) バッド(下向き矢印)1
21. Aravane Rezai (FRA) バッド(下向き矢印)1
22. Maria Jose Martinez Sanchez (ESP) グッド(上向き矢印)1
23. Jie Zheng (CHN) グッド(上向き矢印)1
24. Daniela Hantuchova (SVK) グッド(上向き矢印)1
25. Lucie Safarova (CZE) グッド(上向き矢印)1
26. Alisa Kleybanova (RUS) グッド(上向き矢印)1
27. Maria Kirilenko (RUS) グッド(上向き矢印)1
28. Alona Bondarenko (UKR) グッド(上向き矢印)2
29. Petra Kvitova (CZE) グッド(上向き矢印)23
30. Alexnadra Dulgheru (ROU) グッド(上向き矢印)1

続きを読みたい人は↓
よければランキングをクリックして下さい。

posted by ブッチ at 20:01 | Comment(6) | ランキング

ランキング更新(男子/Wimbledon 4R終了後)

今年のウィンブルドンは何かが違うと感じてましたが、色々なことが起こってますね。記事もまともに書いてませんが、ランキングの記事ぐらいは書こうってことで、現時点でのランキング速報でも書いておきます。

01. Rafael Nadal (ESP) on
02. Roger Federer (SUI) on
03. Novak Djokovic (SRB) on
04. Robin Soderling (SWE) グッド(上向き矢印)2
05. Andy Murray (GBR) バッド(下向き矢印)1
06. Nikolay Davydenko (RUS) バッド(下向き矢印)1
07. Juan Martin Del Potro (ARG) グッド(上向き矢印)1
08. Andy Roddick (USA) バッド(下向き矢印)1
09. Fernando Verdasco (ESP) on
10. Jo-Wilfried Tsonga (FRA) on
11. David Ferrer (ESP) on
12. Tomas Berdych (CZE) グッド(上向き矢印)1
13. Marin Cilic (CRO) バッド(下向き矢印)1
14. Mikhail Youzhny (RUS) on
15. Jurgen Melzer (AUT) グッド(上向き矢印)1
16. Ivan Ljubicic (CRO) バッド(下向き矢印)1
17. Gael Monfils (FRA) グッド(上向き矢印)3
18. John Isner (USA) グッド(上向き矢印)1
19. Sam Querrey (USA) グッド(上向き矢印)2
20. Nicolas Almagro (ESP) バッド(下向き矢印)2
21. Juan Carlos Ferrero (ESP) バッド(下向き矢印)4
22. Thomaz Bellucci (BRA) グッド(上向き矢印)2
23. Fernando Gonzalez (CHI) バッド(下向き矢印)1
24. Marcos Baghdatic (CYP) グッド(上向き矢印)3
25. Feliciano Lopez (ESP) グッド(上向き矢印)5
26. Stanislas Wawrinka (SUI) バッド(下向き矢印)3
27. Radek Stepanek (CZE) バッド(下向き矢印)2
28. Juan Monaco (ARG) on
29. Ernests Gulbis (LAT) on
30. Albert Montanes (ESP) グッド(上向き矢印)1

続きを読みたい人は↓
よければランキングをクリックして下さい。

posted by ブッチ at 19:05 | Comment(2) | ランキング

2010年06月24日

ウィンブルドンでファイナル59-59の死闘。今日決着する?

(23)John Isner (USA) tie. (Q)Nicolas Mahut (FRA) 4-6 6-3 7-6 6-7 59-59 Susp

今年のウィンブルドンは何か色々と面白い展開になりそうとは感じてるのですが、この二日間神がかり的な試合が繰り広げられてるようですね。22日に行われたこの試合。両者ともサーブが良く、芝にあってることもあり、ファイナルセットに突入。日没順延となり、23日にファイナルセットのみ行われ、試合が消化できると誰しも思ってたであろう中、なかなかサービスブレイクがうまれず59-59までもつれ、まさかの3日間がかりの試合に突入することになってます。

過去に3,4日がかりの熱戦なるものはあるのですが、それは雨も絡んでのことだったので、純粋に雨も降らずに試合を行っていて、しかも、昨日に関してはファイナルセットしか行ってないのに決着がつかずにサスペンデッドというのは前代未聞の出来事だと思われます。

試合時間は10時間を超え、総ゲーム数と共に新記録となるわけですが、昨日のファイナルセットのみで7時間超えてたそうで、これのみで今までの記録を上回るそうですね。本人たちはここまでやるとも思ってなかったでしょうし、昨日10-10の時点まではスコア確認して、ちょっともつれるかな?と思って眠った自分としては、朝起きてこんなことになってるのは本当に驚きました。

マウに関しては予選の2回戦でも3セットマッチではあるものの、ファイナル24-22という死闘を既に演じてたりするんですよね。そういう経験もあって、何度か握られたマッチポイントを幾度となくのりこえられたんでしょうけどね。決着を早くつけて欲しいが、ここまできたら意地もあるでしょうし、まだもつれるかな?

ウィンブルドンの問題点語ってます↓
よければランキングをクリックして下さい。

posted by ブッチ at 12:41 | Comment(1) | グランドスラム

2010年06月06日

スキアヴォーネが全仏初優勝

(17)Francesca Schiavone (ITA) d. (7)Samantha Stosur (AUS) 64 76(2)
まさかの決勝の顔ぶれとなったわけですが、スキアヴォーネがストーサーを破り、自身初のグランドスラム優勝を飾ると共に、イタリア人初のグランドスラム優勝を成し遂げました。イタリア選手がグランドスラムで優勝することはないと思ってましたし、ましてやスキアヴォーネがその栄冠を勝ち取るなんて分からないものだなと思いました。

決勝を見ましたが、スキアヴォーネのプレーが完璧でした。最後のタイブレのプレーなんて素晴らしかったですし、ストーサーが付け込む隙はあまりなかったですね。ストーサーはファーストサーブがどんどん入らなくなってたので、ストロークでもリズムにのれてなかったかも。

今回の大活躍により、ランキングは17位から6位に急浮上し、初めてトップ10の壁を破ることになります。今までの最高位が11位だったということで、トップ10まで後一歩ながらなかなかトップ10に入れなかったので、これも凄いことだな〜と。これからのスキアヴォーネの活躍が凄く楽しみですよね。

そういえば、今回決勝で戦った二人の共通点といえば、なかなかツアー優勝ができなかったこと。再三決勝に進むのに、なぜか優勝できないということがずっと続いてて、この1,2年で二人ともようやくツアータイトル獲得したばかりでしたし、それ考えるとこの二人がグランドスラムの決勝で戦うのって不思議なものですし、色々なことを感じた決勝戦でした。

(1)S.Williams/V.Williams (USA) d. (12)K.Peschke/K.Srebotnik (CZE/SLO) 62 63
前日に行われたダブルス決勝はウィリアムス姉妹が優勝して、去年のウィンブルドンからグランドスラム4大会連続優勝を達成してます。今回の活躍で初めて二人ともダブルスランキング1位になることになりましたし、遂にシングルス、ダブルス共にウィリアムス姉妹がランキングの頂点に立つことになります。セレナはシングルス、ダブルス同時1位になりますが、これは6人目の快挙のようです。シングルスではかつてのように圧倒的な感じではないですが、ダブルスに関しては敵なしでしょう。

さて、いよいよ男子決勝を残すのみ。ナダルvsソダーリンという去年の4回戦の再現となりましたが、それを境に二人のその後は大きく変わりましたし、面白いものがみれそうですね。ナダルが勝てばほぼ1年ぶりにナンバー1に返り咲きますし、ソダーリンが勝てば自己最高の4位に上がりますよ。
よければランキングをクリックして下さい。

posted by ブッチ at 19:26 | Comment(3) | グランドスラム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。